趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > DVD/BD

2007.05.23

トマ@トマ

トマトマ
古いDVDを買ってきました。「トマ@トマ(2000年/ベルギー・フランス合作)」。近未来の地球が舞台で、広場恐怖症で8年間外へ出たことがないという青年トマが主人公。といっても映画には登場しません。この映画はすべて主人公の目線で進行するので登場人物も全員こちらに向かって話しかけてきます。なんだか自分がトマになってしまったような不思議な感覚を味わえる作品です。ちょっと社会問題に触れつつ、ちょっとHで滑稽でなんとなく切ない、そんなストーリーですw。特別複雑な仕掛けがあるわけでなくシンプルそのものですが、久々に面白い映画でした。

2007.05.03

Violin Summit 2006

ヴァイオリンサミット
昨年、ソロ活動10周年の節目を迎えた葉加瀬太郎。その呼びかけで集まったヴァイオリニスト/チェリストの夢の饗宴「ヴァイオリンサミット2006」が開催されました。2枚組みで見ごたえたっぷりの内容。クラシックが好きな人にも馴染みのない人にもオススメのDVDです。

2007.04.15

プロジェクトX「東京タワー」

タワー1
DVDネタが続きますww。
NHKで何度も再放送されていますので見た人も多いかもしれませんね。東京タワーの製作時の裏話を収録した番組です。ちょうど現在、お色直しをしているそうで深夜から早朝にかけて毎日ペンキ塗りをしているそうです。そういえば新東京タワーも地デジ開始に合わせて数年後に出来上がりますねぇ。どんな風景になるのでしょうか。
タワー2
高所恐怖症の私はこんな場所に連れていかれたら気絶しますw。

2007.04.14

ディスカバリーチャンネルDVD

DVD1
東急ハンズのレジ横にDVDが売られているのをご存知でしょうか。アメリカの有名な科学番組「ディスカバリーチャンネル」のDVDです。以前から気になっていたのですが、ついに手を出してしまいました・・・。というのも興味のあるタイトルが多くて、絶対1本や2本買っておさまるワケないじゃん!というラインナップなのです。
DVD2
今回はニミッツ級空母の設計・建造・出港までをドキュメントした「空母建造」を選択。初めから終わりまでド迫力の映像でした。試験走行で300mの巨体がフルスロットで急旋回する様子は圧巻です。シリーズには他に「イージス艦建造」「高層ビル・不可能に挑む設計者たち」「宇宙の起源」「旅客機の未来」「垂直離着陸機の誕生」「悲劇の潜水艦」「ホバークラフト軍用開発史」、動物ドキュメントや自然現象、歴史検証などなど面白そうなタイトルが並んでいます。

2007.04.02

外国版邦画DVD

以前映画が好きだと書きましたが、普通に見るだけでなく少し視点を変えた楽しみ方もしています。それは日本の作品の海外版を見ること。最近は日本も大作を輸出するようになって海外でもDVDが多く売られています。海外DVDはリージョンの違いや著作権の問題などハードルがありますが、うちが注目しているのはパッケージです。同じ作品でもそれぞれの国でいろいろなデザインを施しています。例えばこの「千と千尋の神隠し」。
千尋1
左は日本の通常版で、右は英語版。
千尋2
さらに左は韓国語版で、右はフランス語版です。
フランスはお国柄でしょうか相当凝っていて、表紙は透明板に千尋が印刷されていて閉じたときに背景に重なるようになってます。開けたときには半透明で印刷された湯屋が現れて右側にディスクが納まっています。
千尋3
で、フランス語版の中には分厚いアクリル製の盾が入ってます。中にはフィルムの一部が封入されてそれぞれにシリアル番号が付いています。当時これは結構嬉しいオマケでした。日本では「色赤問題」などありましたが、海外版では問題なく見れたりしたので、こういう国内と海外の違いもまた楽しいですよね。

« Previous