趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > 音楽

2010.09.24

流れ星

流れ星
ビデオ棚の隅に懐かしいテープがありました。
1996年にファンハウスから発売された辺見えみりさんのPV集「~流れ星~」です。最近ではすっかり姉さんキャラみたいですが、当時はかなりアイドルしてましたねぇ^^。洋楽ばかり聴いていた自分ですが、その頃はこのPV集にも収録されている「流れ星」という曲にハマってましたw。作詞・作曲はスピッツの草野正宗氏。
VHS・5曲収録で価格は当時 2,500円(税込)也。
どんな曲かというと、こちら。

あまりにも良い曲なので歌っている本人もこのPVの撮影中に感極まって歌えなくなってしまったのだとか。
で、こっちは1999年4月に発売のスピッツのカバー版「流れ星」。

2009.12.11

昭和のSL 音の風景 CD-BOX

昭和のSL 音の風景 CD-BOX
最近また注目されつつあるSLですが、貴重な発車音・汽笛・走行音などを収録したCDボックス「昭和のSL 音の風景 CD-BOX」が発売されます。
北海道編・東日本編・西日本編の3枚組みです。
私が北海道に住んでいた頃は家のすぐ近くに4110形が走っていたので、いつもSLの音を子守唄代わりに聞いていました。このCDでは北海道編に収録されているようなので、懐かしく聞けると思います。楽しみです^^。
価格は 6,930円(税込)也。

2009.06.28

世界名作劇場 BEST

世界名作劇場 BEST
毎年関連商品が出るので恒例行事のようになってきた「世界名作劇場ベストCD」の本年度版(2009年版)が7月22日に発売されます。今年は王道のラインナップといった感じ。
今の若い人は「ダ・カーポ」って知ってるかなぁ。。。私は35年来のファンです。「地球へ」や「裸の大将放浪記」の主題歌でお馴染みですよね。今は娘さんが正式に加わって3人組で頑張ってます。普段、やかましいロックばかりをを聞いてる自分ですがダ・カーポには本気で癒されます^^。癒しといえばもう一組「アクアマリン」というアーティストがオススメ。よく天文関連のイベントでライブ活動をされています。星や自然に詳しいミマスさんのヒーリング系音楽は秀逸です。

2008.12.11

高品位CD「K2HD MASTERING+CRYSTAL」

K2HD MASTERING+CRYSTAL
良いものを追い求めていくと、やっぱりすごいモノが出来るようですね。究極のCD「K2HD MASTERING+CRYSTAL」はガラスと純金で作られています。お値段は1枚18万円^^。これまでK2HD仕様はたくさん発売されていますが、それのガラスバージョンってことらしいです。ガラスはレーザーを当てても複屈折が理論上ゼロだそうで、結果としてノイズが無いクリアな音になるとか。作り方は「メタルスタンパーとガラス板の間にP2樹脂を充填。加圧・紫外線照射で硬化させ、スパッタリングで金の反射膜を作り、保護膜コートを施す」・・・難しいw。とにかく一度は聴いてみたいものです。この方式のCDは2009年4月22日に発売予定。
◆ Super Excellent Glass シリーズ
「村治佳織/アランフェス協奏曲」
「フジ子・ヘミング/奇蹟のカンパネラ」
「川井郁子/新世界」
完全予約制の限定生産で、価格は1タイトル18万円也。
予約は現在受付中で、締切りは2009年3月5日。

2008.12.10

ピンボール・ナンバーカウント

これは懐かしい^^。
30年ぐらい前でしょうか・・・NHKで放送していたセサミストリートの中の小さなコーナーで流れていた「ピンボール数え歌」。歌っているのは、名曲「Slow Hand」や「Fire」でお馴染みのポインターシスターズです。サイケなアニメーションとテンポの良いリズムについつい引き込まれてしまいます。当時、アルファベットやワン・ツー・スリー・・・など英語が楽しく覚えられたのもこの番組のおかげだったなぁ~としみじみ思いますよw。

2008.11.22

続・仕事場の音楽事情

バッパーズCD
久々にこのネタを。最近は和洋新旧関係なく聴いてます。最近買ったのは、吾妻光良& The Swinging Boppers のアルバム[STOMPIN' & BOUNCIN']です。バッパーズは、国内唯一といわれるジャンプブルースのプロバンド。コンピュータ編集に頼らず、生音で収録しているので違った意味の臨場感が味わえます。アルバムの最後に収録されている「ほんじゃね」は脱退するメンバーへの別れの歌ですが、なんとも心が暖まる曲で個人的に大好きな1曲です。
アナムCD
こちらはガラっと変わって”ケルト音楽”のアーティスト「Anam」。UKの中でも暗いイメージがあるジャンルですが、このアルバム[Riptide] は明るいポップな曲が多いです。落ち着くメロディ、透き通った声、高い演奏技術、聴いていてホっと出来る1枚です。

2008.07.29

最後まで聞けないCD

最後まで聞けないCD
最近よく眠れてますか?。我が家は睡眠時間がかなり不規則なので、快適な眠りというものには縁遠いですw。ストレスなどでなかなか寝付けない日もありますが、そんなときは音楽を聴きながら寝ることにしています。この音楽CD「Dreams」は”最後まで聞けないCD”という宣伝文句で販売されています。曲のラインナップが心地良い音楽ばかりなので、普通なら聞き始めて5~6分で眠ってしまうそうです。試してみたいwww。

2008.03.07

およげ!たいやきくん

およげ!たいやきくん
33年前に、うちの父親が初めて買って来てくれたお土産が「およげ!たいやきくん」のEPレコードでした。普段は買いものにすら出かけない父なので、その時は家族全員で天変地異が起こるのではないかと大騒ぎしたのを覚えています。出不精の父を動かしてしまうほど、この曲が流行っていたということなんですかねw。シングルの売り上げ枚数は455万枚で、この度めでたく2009年度のギネスに認定されたとか。3月5日にはCD化して再発売・・・ってまだ売るの??w。当時のPVがDVDで付いているそうで、なかなか良い演出です。個人的にはB面だった、なぎらさんの数え歌「いっぽんでもニンジン」の方が好きでしたよw。
サラリーマン哀歌・田辺マモル版「およげ!たいやきくん」も映像が面白い^^。

2008.02.15

久々の新製品?

SONY_CFD-W77
まだカセットテープの需要はあるんですね^^。ラジカセとしては久しぶりの新製品「SONY CFD-W77」が2月21日に発売されます。うちにも古~いカセットテープが沢山あるので新しいデッキが1台欲しいところです。
80年代にはアオシマさんからラジカセのプラモなんていうのも発売されていました。シリーズ化されていて当時何台か作ったのですが、小さいながらも色々な細かい仕掛けがあって遊び心満点のとても楽しい模型でしたよ。懐かしいw。

2007.10.17

ケロミン

ケロミン
カエル君のクチをパクパクさせて演奏する斬新な楽器「ケロミン」。かなり玩具っぽい風貌ですがw 最新のPCM音源や24ビットのD/Aコンバータを搭載していて、MIDI出力まで標準装備。ついつい「パペット○ペットのショートコント!」とかやりたくなりますがw立派な”電子楽器”なのです。11月1日~4日にパシフィコ横浜で開催される2007楽器フェアで実物が見れます。

Next »