趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > プロジェクタ

2010.09.06

ワイヤレスプレゼンテーションシステム

ワイヤレスプレゼンテーションシステム
パソコンとプロジェクターとのあいだを無線で高速に接続できる装置「PLANEX GW-AP150PRS」。
この製品を常時設置しておけば、無線LAN付のノートを近くに持って行くだけで画面を投影出来ます。煩わしい配線から開放されてかなり便利ですね。セキュリティはWPA2対応。装置とプロジェクターは15ピンのVGAコネクタ接続ですが、装置とPC間は無線なのでコネクタ形状の違いは心配無用です。その辺が無線の良いところですよね。
価格はアマゾンで 37,595円(税込/価格コム最安)也。

2010.08.19

Nikon Coolpix S1100pj

Nikon Coolpix S1100pj
以前にも書いたプロジェクター内蔵デジカメの後継機種がようやく出ますね。型番は前のが S1000pj で、新型は S1100pj です。100番違いですが機能はかなり良くなっているようです。
目玉機能である内蔵プロジェクタの明るさが10ルーメンから14ルーメンにアップ!。明るさの改善は一番嬉しいです^^。カメラとしても1210万画素から1400万画素へ若干アップ。さらに背面に3インチのタッチスクリーンを装備するなど、遊べる機能が満載のようです。USB接続で他の機器にあるデータ(写真or動画)も投影出来るようになったので、使い勝手はかなり良さそう。
値段が少し下がるようで期待していますが、まだ国内での販売は未定です。アメリカでは来月9月から発売。

2010.06.16

モバイルプロジェクター K11

モバイルプロジェクター K11
PCメーカー Acer から、CDケースよりも小さいスペースに置ける小型プロジェクタ「K11」が出ました。ランプ(LED)寿命が30,000時間と長く、動作音も静か。投影サイズは15インチ(38cm)~80インチ(203cm)。ちっちゃいながらも輝度は200ルーメンで、機能的には台形補正まで付いていて、このクラスではかなりのハイスペック仕様です。ポケプロで明るさに不満だった人にはいいかもしれません。
価格は 59,800円前後。6月18日より発売。

2010.06.14

モバイルミニプロジェクタ 400-PRJ005

モバイルミニプロジェクタ 400-PRJ005
サンワサプライさんからもミニプロジェクタが出ました。
エンジンは3M製のようですね。明るさは最大14ルーメン(調整可能)。連続稼動時間は最大輝度で約70分。重さが業界最小の105g。持ち運びには嬉しい重さですね。この10~15ルーメンクラスは今後もどんどん安くなるでしょうね。
価格は 34,800円(税込)也。

2010.06.11

赤ちゃん用プロジェクタ おやすみホームシアター

赤ちゃん用プロジェクタ おやすみホームシアター
天井に投影する赤ちゃん用プロジェクタです。
赤ちゃんグッズとブライダルグッズには不況は関係ないそうで、面白い商品が次々に出てきますね^^。早寝早起きをする習慣を付けて正しい生活リズムを作るには最適なグッズだそうです。夜にTVをザッピングしているとBabyTV(FOXベイビー)というチャンネルで「ドリーム」という番組が放送されています。赤ちゃんの睡眠導入を目的とした番組ですが、映像が面白いのでついつい見てしまって自分が眠くなってしまいますw。
価格は 2,079円(税込)也。

2010.05.25

マイクロプロジェクター AD-MMP15A

マイクロプロジェクター AD-MMP15A
以前ここでも書いた MP15A の廉価版となる「AD-MMP15A」。
コンポジット接続と内外メモリでの使用がメインなので、パソコンの接続は出来ません(無理にやるのであればダウンスキャンコンバータが必要)。バッテリーでの動作時間が40分から60分に延びたのと、ワイヤレスリモコンが付属してかなり使いやすくなっています。明るさは MP15A と同じで15ルーメン。最大投影は50~60インチぐらいでしょうか。価格コムでは3万円を切ってますから、手軽にプロジェクターを使いたい人にはいいかもしれませんね。

2010.05.12

Explay ピコプロエンジン

Explay ピコプロエンジン
イスラエルで開発されたレーザー光源のピコプロジェクタ用エンジンを本格的に日本国内で量産するそうです。これから登場する新モバイル端末に続々と採用されていくでしょうね。楽しみです^^。レーザー光源はLED光源より色再現性が良く、フォーカスフリーなのでピント合わせが不要。今開発中の製品では10ルーメンで70インチの投影が可能だとか。あと気になる点は価格ですよね~。搭載されても買いやすい製品を期待します。

2010.04.03

プレシャスプラネット 2WAYプロジェクタ&メリー

プレシャスプラネット 2WAYプロジェクタ&メリー
ホームシアターや企業のプレゼンツールとして普及してきたおかげで、一昔前よりも随分安くプロジェクターを買えるようになってきました。高画質の物から手のひらサイズの物まで色々な製品がありますが、ついに「赤ちゃん専用のプロジェクター」が登場。
ベビーベッドの柵部分に取り付けて、赤ちゃんの真上にあるメリー(回転天井)に映像を投射します。気持ちが安らぐ映像、リラックスサウンド、ぬいぐるみが回るメリー、この3点で幸せな眠りが得られるのだとか。
悩みに悩んでボーナスをはたいて自分のプロジェクターを買ったオジサンとしては、0歳でマイプロジェクターを持てることが非常に羨ましいですw。
価格は 8,925円(税込)也。

2010.03.02

ポケットプロジェクター MPro150

ポケットプロジェクター MPro150
久々のポケプロ新製品「住友3M MPro150」。
光源にRGB LEDを採用して明るさ15ルーメンを実現したそうですよ。そのおかげで50インチの投影も可能に。これまでのポケプロは確かに暗いものばかりでした。スピーカーも内蔵していて、バッテリーでの稼動時間は約2時間。32MBのSDカードにも対応しているので、ちょっとしたプレゼンはPCレスで出来ちゃいます。
価格は直販で 50,400円 (税込)也。3月5日より発売。

2009.11.10

PPR-QT1 トイジェクター

PPR-QT1 トイジェクター
ますます小型化するプロジェクター製品ですが、最近では玩具化も目立ってきましたね。安いので気軽に買えて、いろいろ遊べて、使い方を工夫すれば本当に面白いですよ。
プリンストンテクノロジーさんから、玩具プロジェクター「トイジェクター PPR-QT1 」が発売されます。輝度はさすがに5ルーメンしかありませんが、このボディサイズは魅力です。暗い部屋ならギリギリで最大50インチ投影も可能だとか。ボディカラーはホワイトとレッドの2種類。
11月下旬に発売で、販売予想価格は 12,800円前後。

Next »