趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > クルマ

2008.05.13

公道OKのカート

公道OKのカート
実家の近所にレンタルカート専用のサーキットがあります。近所だけにいつでも行けるだろうと思っていて未だに未体験なんですがw、車高が低いから体感速度は100km近くになるそうで大迫力でしょうね~。かなり面白そうです。
50ccカートは上の写真のようにランプ類などの必要なパーツを取り付けて登録すれば原付扱い(要普免)で一般道路も走れるそうで、組立てキットなども販売されています。これも楽しそうですけど、トレーラーとか大型車が横に付いたら怖いでしょうねぇwww。

2008.03.27

ウェブプラモ

ホンダさんが公開している3Dモデルデータ集「ウェブプラモ」。かなり以前から存在は知っていたのですが、なかなか遊ぶ機会がありませんでした。ボディ、ドア、タイヤなどパーツが細かく分かれているので、自分が持っているCGソフトに取り込めばバーチャルなプラモデルとして組み立てられます。「ギャラリー」には、好きな色・好きな背景に飾った作例がいろいろあって楽しいです。私の一押しはT360ですw。
ウェブプラモ
違う車種の部品を組み合わせてオリジナルカーをデザインするというのも楽しいかも。ちなみにこれらの3Dデータは実車の実測データではなく、タミヤ模型さんのプラモデルのパーツデータだそうです。
ウェブプラモ作例
↑ 江ノ電と並走してみました^^。

2008.02.28

コーティングポリマー

コーティングポリマー
模型メーカーのハセガワが本気で作ったという車用ツヤ出し剤「零三式コーティングポリマー11型」。もともとハセガワ製の模型用コーティングポリマーはプラモデルやミニカーに使うとピッカピカになると評判で、まわりで使っている人も何人かいました。うちは車が無いので実際には試せませんが効果はいかがなものなのでしょうか。(ページ内の通信販売リンクが切れていますがURLの末尾に「l」を付けると見れます。)

2008.02.07

「Love Your Sportscar.」- Bow。自動車画展

カッコいいイラストで有名なイラストレーター Bow。氏の個展が KYOSHO OMOTESANDO で開催されます。
Bow。氏の作品は人気が高くて値段もちょっと高い。。。リトグラフを集めたくても手が出ません~。
で、貧乏な我が家ではカーマガジンを棚に飾っていますw。写真はお気に入りのチンクです。
bow展1
会場では「1/43 ランボルギーニ ガヤルド」など限定商品の販売もあり。う~、仕事サボろうかな・・・。
bow展2
「Love Your Sportscar.」- Bow。自動車画展 -
 開催日:2008年2月8日(金)~3月9日(日)
     平日・土曜日/11:00~21:00
     日曜日/20:00まで(年中無休)

2008.01.12

iPod の周辺機器「電気自動車」

ゼブラ1
相変わらず人気の高いアップルの iPod ですが、周辺機器のラインナップに”自動車”が加わるそうです。「車のオプション」という考え方ではなく逆の「iPod の周辺機器」だという点が面白いですね。その車はアメリカ西海岸にある電気自動車メーカー、ザップ社の”ゼブラ”。リチウムイオン電池で走る電気自動車だそうで、家庭用のコンセントから簡単に充電ができるとか。1台欲しいです^^。ザップ社の電気自動車は世界最大の宅配会社UPSの小分け配送にも導入されているそうで、以下はその配送風景。

こちらは太陽電池バージョンの「ゼブラ・ゼロ」。某有名番組のダンキチ君のような感じでしょうか^^。
ゼブラ2
↓こちらはドミノピザで働くゼブラ君^^。

2008.01.03

水陸両用タクシー

水陸両用TAXI
大阪で水陸両用型のタクシーが営業を開始したそうです(プレスリリースPDF)。車両はドイツ製のRV「AR2800SR」。運転するには小型船舶と普通二種の同時携帯が必要らしいです(両方持っている人はかなり少ないとか・・。)。ちょっと渋滞につかまったら川に下りて水上を・・・なんて、カッコイイですね^^。

2007.10.04

驚く室内空間

PALETTE
10月26日から幕張で開催される恒例の東京モーターショー(一般公開は27日~)。次に車を買うなら絶対「ちっちゃい軽」をと決めている私なのですが、軽と言えども室内空間は広い方が良いです。今度のショーに参考出品されるスズキの PALETTE(パレット)という車はそういう点で注目されているそうです。かなり完成度は高いようなので、参考で終わらずぜひ発売して欲しいです。

2007.09.27

ピールトライデント

Peel Trident
オートバイレースでも有名なイギリスのマン島で、40年以上も前に生産されていた世界一小さな量産車「ピール」。中でも1966年製のピールトライデントは丸っぽいFRPボディに宇宙船のような全天型の透明キャノピがかなりキュートです。このピールトライデントの工場出荷風景のビデオがあったのでリンクしておきました。工場からぞろぞろと行進してくる姿はなんとも言えずカワイイです。トラックに積み込む際に手で持ち上げて積んでいた姿が微笑ましいですw。町中が全部この車だったら悲しい交通死亡事故や渋滞も減るし、間違えて一方通行に入ってしまっても持ち上げて方向転換できちゃったり、楽しそうw。豪華さや快適さを追求している最近の自動車メーカーの皆さんにはこの感覚を忘れないで欲しいものです。

2007.09.10

メッサーシュミットの片輪?走行

ちっちゃい車の動画を探すのが好きでよく見ています。片輪走行で走行距離を競うイベントでしょうか、メッサーシュミットが出場していました。他の車が踏み切り台を使っているのにメッサーシュミットは台も使わず見事に片輪走行!。しかも見事に走り過ぎてそのまま延々と走り去ってしまいますw。計測不能でしょうかw。

(※仕事中の方は音注意!)

2007.05.21

コニーグッピーのペーパークラフト

コニーグッピー
幻(?)の”コニー”ブランドで有名な愛知機械工業さんのページに、私が超大好きなグッピー(AF8)のペーパークラフトがあります。ちっちゃいクルマが好きな方はぜひ一度作ってみては如何でしょうか。(写真はコニー・スーパーグッピー)

« Previous | Next »