趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > 2月 23rd, 2010

2010.02.23

ELMO SUPER 110

最近は8mmをあまり見なくなりましたね。高画質ビデオ全盛のこの時代、逆に8mmカメラのカタカタという撮影音が無性に懐かしくなります。現像してみないとどう映っているかわからないワクワク感や手入れの面倒さなど、手は掛かるけど面白いんですよね。
ELMO SUPER 110 a
我が家の8mmカメラ「ELMO SUPER 110」です。
8mmフィルムの型式は2種類あって、このカメラはスーパー8と呼ばれるフィルムで撮影するタイプです。当時としては非常にコンパクトな形状で、小さいながらも10倍の電動ズームが付いていたり、解像度の高いレンズだったりで人気があったようです。現在ではスーパー8の現像をやってくれる所が極僅かになってしまいました。いずれ使えなくなる日も来るのでしょうか。。。
発売された当時(昭和40年頃)の値段は約11万円。公務員(教員)の初任給が2万円位だそうですからかなり高価だったんですね。大切にしなくては^^。
ELMO SUPER 110 b