趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > 4月 16th, 2009

2009.04.16

横浜開港150周年記念イベント

横浜開港150周年記念イベントとしてやってくるフランスの巨大造形集団「ラ・マシン」がいよいよ活動を開始。
※※※イベントのネタバレになるので実際に見に行く人は読まない方がいいかもしれません^^。
税関検査を終えて倉庫で束の間の休息をしていた巨大クモが、今朝5時頃に山下埠頭から搬出され、象の鼻地区へやって来ました。その様子は横浜の様々なイベントをインターネット放送している市民団体(NPO)「横浜市民テレビ」さんで見ることが出来ます。

クモは高さ約12メートル、重さ37トン。主催者側からの公式発表は一切無いという秘密だらけのイベントなので実際にクモを見たときの感動は大きいですよ。迫力があります。
クモは2匹います。今日は事前準備をしていたようで、1体を海中に沈めていました。あの重機モドキを防水処理するとは・・・恐るべしラ・マシンw。多分1体をお披露目している最中に海中からもう一体がザバっ!と現れてみんなを驚かす趣向なのかも。
ラ・マシン上陸 < 見たい人だけクリック
(横浜市民テレビさんの映像より)
実際のY150イベントは28日からですが、プレイベントがありますよ。17・18・19日、イベント前にクモに出会えます。お時間がある方はぜひ横浜へ。
主な実施予定(変更される場合もあります)
4月17日(金)
場所:赤レンガ倉庫前および新港ふ頭
時間は公式発表ではありませんが午後5~6時頃という噂。
4月18日(土)
場所:赤レンガ倉庫前および新港ふ頭
時間は公式発表ではありませんが午前11時頃という噂。
4月19日(日)
この日は大々的にパレードです。クモが車道を闊歩します!。
場所:新港ふ頭~赤レンガパーク~新港橋を渡って日本大通りへ
時間は公式発表ではありませんが午後2時頃からという噂。

原寸大ペーパークラフト計画

原寸大ペーパークラフト計画
NSXのペーパークラフトを原寸大で作るという無謀w・・・いや、かなり素敵な計画。主催はエプソンさんなので大判印刷には自信満々だったでしょうね^^。細かい製作過程はサイトをご覧下さい。スケール1/24の模型を四方から撮影して展開図を作成。中身はダンボールを組み合わせて骨格を作っています。強度もしっかりした印象ですね。しかし部品の一つ一つがデカイ!w。切り出しや接着は相当大変だったろうと思います。
写真を詳しく見るとわかりますが、ちゃんと刻みの入ったノリしろも巨大化されていてなかなか面白いですw。