趣味の総合サイト ホビダス
 

« | »

2008.11.22

続・仕事場の音楽事情

バッパーズCD
久々にこのネタを。最近は和洋新旧関係なく聴いてます。最近買ったのは、吾妻光良& The Swinging Boppers のアルバム[STOMPIN' & BOUNCIN']です。バッパーズは、国内唯一といわれるジャンプブルースのプロバンド。コンピュータ編集に頼らず、生音で収録しているので違った意味の臨場感が味わえます。アルバムの最後に収録されている「ほんじゃね」は脱退するメンバーへの別れの歌ですが、なんとも心が暖まる曲で個人的に大好きな1曲です。
アナムCD
こちらはガラっと変わって”ケルト音楽”のアーティスト「Anam」。UKの中でも暗いイメージがあるジャンルですが、このアルバム[Riptide] は明るいポップな曲が多いです。落ち着くメロディ、透き通った声、高い演奏技術、聴いていてホっと出来る1枚です。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.