趣味の総合サイト ホビダス
 
Home > 1月, 2008

2008.01.31

世界最小・最薄の1,010万画素デジカメ

カシオ EX-S10
新しいデジカメを買いたいなと考えています。カシオさんから世界最小・最薄で1,010万画素という「EXILIM CARD EX-S10」が出るそうで、検討中。しかしスゴイですね、1,000万画素越えでズームまで付いてます。1回の充電で約280枚撮れるらしいので普通に持ち歩く上では充分ですね。普段ちっちゃいものの撮影が多いのですが、マクロモードでは最短約15cm・・・もう一声欲しかったですw。

2008.01.30

土佐電気鐵道・四輪電動客車1号

土佐電
路面電車を運営する会社で日本最古(1903年設立)の土佐電気鐵道で、明治37年頃に活躍していた車両「円太郎馬車風・木造四輪電動客車 45AVV 」。その車両をスケール1/35で忠実に再現したミニチュアモデルです。驚きなのはオールステンレス製で、ボルトや接着剤などを一切使っていないとか。小さな部品もレーザーでカットしているので細かく忠実に再現されているそうです。木造車両をステンレスで再現するとどんな風合になるのか、ぜひ見てみたい~。

2008.01.29

ヤンマー乗用型田植機 PeS-1

またまた農機模型です^^。今回はヤンマーさんの「乗用型田植機 PeS-1」。4条植えタイプの田植機ですね。座席や後部植付け装置など結構細かく作られてます。
PeS-1_1
基本は乗って操作をする機械ですが、降りて(歩いて)ハンドル操作をすることも出来るので、ハンドルがコンソールごと前方に倒れます。模型でもその機構が再現されていて、オォ~・・と感動しました^^。
PeS-1_2
最近ブログを見た人から「仕事は農業関係なんですか?」とよく聞かれますww。ただの特殊機械愛好家です。以前、本当に農業をやってる人から中古のトラクターを買わないかと言われた時はグラっと来ましたw。まさか街中を走るわけにいかないし置く所も無いのでやむなく断念~。

2008.01.28

ローソン消防車両コレクション

ローソン消防0
通勤途中に普段は滅多に寄ることがないローソンがあります(うちの地区はセブンイレブン比率が高いので^^)。久々に入ってみたらレジ前にドーン!とワゴンを置いて「消防車両コレクションキャンペーン」をやっておりました。22日からローソン限定で行なっているキャンペーンで、缶コーヒー2本に1台の消防車両が付いています。特殊車両に目がない私はやっぱりやっちゃいました、コンプ買い。今回は2本に1台だからコーヒーは12本!、1ダースですよww。また怒られちゃいます。
さて車両のほうですが、次の通り。
ローソン消防1
1:はしご車(Scale:1/140)
車種は[モリタ製40m級はしご車MLGS5-40S]でしょうか。小さくてもはしごの伸縮が再現されていて素晴らしいのですが、先端のバケットが下向きに動かず残念。これじゃブームを上げたら人が落ちちゃうよw。
ローソン消防2
2:ポンプ車(Scale:1/111)
車種は[日野レンジャー]。東京消防庁・特別消火中隊「A-one Fire unit」の所属のCD型ポンプ車。
ローソン消防3
3:救助車(Scale:1/110)
車種は[いすゞフォワード]。東京消防庁・特別救助隊の所属のⅡ型救助工作車。
ローソン消防4
4:指揮支援車(Scale:1/105)
車種は和製ハマーでお馴染みの[トヨタ・メガクルーザー]。総務省消防庁「FDMA」の所属。天井には白文字で大きく「消防庁1」と描きましょう。
ローソン消防5
5:特殊災害対策車(Scale:1/110)
車種は[いすゞフォワード]。東京消防庁・化学機動中隊「SUPER HAZ-MAT」の所属。
ローソン消防6
6:救急車(Scale:1/107)
車種は[トヨタ・グランビア]。よくハイエースと間違いやすいこの車は高規格救急車(ハイメディック)の2代目車両。東京消防庁所属。
個人的には救出救助車スーパーアンビュランスを次回のラインナップにぜひ入れて欲しい♪^^。

2008.01.27

頭のうちどころが悪かった熊の話

本-くま
表紙の絵やタイトルのインパクトの強さで買いました。以前、某Y新聞の書評欄で女優さんがこの本を紹介していて面白そうだなぁと思っていました。人生について考える7つの童話が書かれているのですが、子供の童話というより人生に疲れた大人向けですね。30歳を過ぎてから書くことを勉強し始めた作者。この1作を完成させるのにも10年かかっているそうで、ダラダラと生活している自分が恥ずかしく思えてきます。なかなか面白い本です。
頭のうちどころが悪かった熊の話
 作・安東みきえ/絵・下和田サチヨ
 ISBN: 978-4-652-07902-7

2008.01.26

家紋入り携帯電話ポーチ

家紋ポーチ
なんだか「控えぃ、控えぃ。控え居ろう!」と人に見せたくなる携帯電話ポーチですw。一つ一つ職人さんが手作りするそうで、家紋は自由に指定できるので自分の家の家紋がわかる人は一つ持っているとちょっとカッコイイ^^。携帯電話って大切に持ち歩いていても、いつの間にか小さなキズが付いているんですよね・・・。ケースは欲しいかも。

2008.01.25

ミニチュア十二楽坊

ミニチュア十二楽坊
かつて一世を風靡した中国の古典楽団「十二楽坊」の楽器を天然宝石で再現した「ミニチュア楽器・中国十二楽坊」。1点1点を中国の彫刻師が手作りしているので値段はスゴイのですが、メノウ・虎目・ヒスイなど本物の宝石を使っているだけあってインテリアとしては一級品かも。こういうのをど-んと飾れる家に住みたいw。

2008.01.24

アンティーク扇風機

寒いですね~。横浜駅周辺でも午前中に大粒の雪が降りましたが、すぐに雨になってしまい束の間の雪景色でした。寒い季節に扇風機の話ですいませんw。我が家にはアンティーク家電がいくつかありまして、このシーズンオフ(?)を利用して扇風機たちの整備&掃除をしました。興味が無い人にはゴミにしか見えない品物ですが、その歴史や構造・仕組みなどを調べてみるとなかなか奥が深くて面白いものです。もう動かなくなったジャンク品をもらったり格安で買ってくることも多いのですが、独学ながらきちんと修理をするので今でも全て完動品です。
夏にはクーラーよりもこの扇風機たちで涼むのが楽しかったりするわけですが、今後何台増えるのやらw ^^;。
↓これは川北電気製の単相交流扇風機。真鍮製の4枚羽。4段階のスピード切り替えが出来て、ダイナミックに動く首振り装置を標準装備。
扇風機1_1
後姿を見るとコイルが丸見えで、いかにも”モーターです!”って感じで主張していてカッコイイんです。
扇風機1_2
↓これは東芝製。樹脂羽に見えますが鉄板の4枚羽です。間違って指でも入れようものなら・・・おぉ怖っ!。スピードは3段切り替えで首振り有り。
扇風機2
↓これも東芝製。モーターは生きているもののスイッチとコンセント部品が割れているので、ただいま修復中です。
扇風機3

2008.01.23

1/48 VF-1S 25周年記念モデル

マクロス25thモデル
バルキリー VF-1S の完全変形バージョンがやまとさんから発売中。記念モデルに相応しくブラックボディにゴールドのラインが格好良いです。マクロスの誕生からもう25年ですか。。。子供の頃、日曜の昼といえばマクロスでしたからねぇ^^、懐かしいです。今は無きタカトクトイスというメーカーから初めて完全変形バルキリー(写真下のVF-1J)が発売されたときに、お年玉4980円を握り締めておもちゃ屋に買いに行ったのを思い出します。それが今ではアンティーク玩具店のショーウィンドウで5万円の値が付いていて愕然としました・・・。もう1つ買っておけばよかった~w。
OLDマクロス

2008.01.22

Rody チョロQ

Rody1
ロディはイタリア生まれの馬の形の乗り物玩具です。子供の頃に遊んだ記憶がある人も多いと思います。最近ではキャラクターとしてもすっかり有名になり、色々な関連グッズが販売されています。その中にチョロQがありましたw。有名キャラにはやっぱりチョロQですね^^。バスタイプ(写真・上)ロディタイプ(写真・下)があります。ロディタイプは全12色でシークレットもあり。缶入りもカワイイ。
Rody2

Next »